本文へ移動

 おしりの痛み、出血、腫れ

肛門の病気でお悩みの方

肛門の病気というと、手術は痛い・術後に再発する・後遺症が残るということを言われることがあります。当院では経験豊富な専門医が一人一人の患者さんに最適の方法で治療を行います。痔核(イボ痔)手術では再発の少ない結紮切除法で行い、術後の痛みの軽減のため肛門を圧迫するガーゼも自然に排泄されるものを用いています。痔ろう手術では術後の筋肉の損傷による後遺症を防ぐため括約筋(肛門のまわりの筋肉)温存手術を標準としています。また、病状についてはわかりやすく充分に説明し、納得していただいたうえで治療を行います(インフォームドコンセント)。これまで悩んでいた方、どうぞ安心してご相談ください。
7
5
7
7
4
1
TOPへ戻る