本文へ移動

検査

カプセル内視鏡検査について

カプセル内視鏡とは?

 超小型カメラを内蔵した長さ26mm×幅11mmのカプセルを錠剤のように口から飲み込むだけの内視鏡検査です。 
 
 カプセルは小腸を通過しながら画像を撮影し、画像を記録装置に転送します。 医師はこの画像をもとに診断を行います。

カプセル内視鏡の利点

 体内で最も長い臓器が小腸で、全長が6m~7mあり、全消化管の75%を占めます。従来の内視鏡やその他の検査方法では十分な観察が出来ませんでした。カプセル内視鏡検査は、従来、他の小腸検査では見逃されてきた病変の検出が可能となりました。

 

 カプセル内視鏡を飲むことで小腸内を直接観察し、クローン病や原因不明の消化管出血など小腸疾患の診断を行える検査です。

7
6
4
4
3
5
TOPへ戻る