医療法人時任会
ときとうクリニック
大腸肛門病センター

〒336-0963
埼玉県さいたま市緑区大門1941-1
TEL 048-878-6411
 (平日9~17時/土曜日9~12時)
FAX 048-878-6413
予約専用 0
48-878-6414
-------------------------------
車椅子対応駐車場の案内
正面玄関前と薬局裏側に車椅子搭載車用駐車場を用意してあります。また、乗降にあたりましては、必要な方はお手伝いいたしますのでお申し出ください。 
駐車場は3ヶ所(100台収容)用意しております。患者様、お見舞いの方はご自由にご利用下さい。
-------------------------------
 

診療のご案内

 

肛門の病気でお悩みの方

肛門の病気でお悩みの方
 
肛門の病気というと、手術は痛い・術後に再発する・後遺症が残るということを言われることがあります。
当院では経験豊富な専門医が一人一人の患者さんに最適の方法で治療を行います。
痔核(イボ痔)手術では再発の少ない結紮切除法で行い、術後の痛みの軽減のため肛門を圧迫するガーゼも自然に排泄されるものを用いています。
痔ろう手術では術後の筋肉の損傷による後遺症を防ぐため括約筋(肛門のまわりの筋肉)温存手術を標準としています。
 
また、病状についてはわかりやすく充分に説明し、納得していただいたうえで治療を行います(インフォームドコンセント)。これまで悩んでいた方、どうぞ安心してご相談ください。
 

大腸の病気が心配の方

大腸の病気が心配の方
 
近年、大腸癌をはじめとした大腸の病気が急増していることはよく知られています。
前癌状態と考えられている大腸ポリープも含め、大腸癌は早期に発見すればお腹を切らずに内視鏡手術で治せます。
 
大腸の検査はつらい・痛いといって敬遠されがちですが、当院では豊富な経験に裏付けされた熟練の技術で楽に検査が受けられます。
排便のときに血が出る・便秘や下痢を繰り返す・お腹が張ったり痛むなどの症状がある方は、ぜひ一度ご相談ください。
 

当クリニックの技術

当クリニックの技術
 
治療面では、先進医療として痔核に対するPPH法を厚生労働省に届け出ているほか、平成17年に保険適応されたジオンを用いた痔核硬化療法も内痔核治療法研究会の会員となり行っています。
 
大腸ポリープ・早期癌に対する内視鏡治療では、VIO(最新鋭の高周波電流電気メス)とAPC(アルゴンプラズマ凝固装置)の導入、粘膜下にヒアルロン酸注入手技を採用するなどの努力で、腫瘍の完全切除と術後合併症の軽減などの安全対策を心掛けています。
 
また、大腸の難病である炎症性腸疾患にも積極的な治療を行っております。潰瘍性大腸炎に対してはL-CAP(白血球除去療法)・G-CAP(顆粒球除去療法)を、クローン病に対してはレミケード(抗TNF-α抗体)療法を導入し、患者さんのQOL(生活の質)向上を目指しています。
 

費用について

費用について
 
内視鏡検査
■胃内視鏡検査  5,000円~10,000円
■大腸内視鏡検査 6,000円~15,000円
 
 
内視鏡手術
■内視鏡的大腸ポリープ(早期癌含む)切除術・小さいもの 20,000円~25,000円
                      大きいもの 25,000円~30,000円
■内視鏡的大腸止血術                  35,000円~50,000円
                    (いずれも入院費用含まれていません)
 
 
肛門手術
■日帰り手術の場合 8,000円~30,000円
■2日間~1週間のご入院の場合 20,000円~90,000円
 上記は保険診療3割負担での概算です。使用する薬剤等により若干異なる場合がございます。
 

専門医修練施設について

専門医修練施設について
 
当院は高度医療提供施設として信頼と評価を受けており、指導医のもとで検査専門医の育成を重点的に行うなど、専門医修練施設としての役割も十分に果たしております。
「研修協力施設」、「専門医修練施設」として厚生労働大臣や大腸肛門学会等から依頼にも対処しております。
患者の皆様にはご理解賜わりますようお願い申し上げます。 院長
qrcode.png
http://tokito-clinic.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

<<医療法人時任会 ときとうクリニック>> 〒336-0963 埼玉県さいたま市緑区大門1941-1 TEL:048-878-6411 FAX:048-878-6413